これから婚活についても書いていきます。

先日40代独身の可愛いい女性とお話しをしました。

結婚願望はありますが、たまたま今までご縁なく過ごしています。

溌剌とした可愛らしい素敵な女性です。

結婚したいけどできていない。

結婚できるかの不安。
人に結婚の話しをして傷ついてきた体験。

とても共感して聞いていました。


踏み出せば必ず何かが変わってくる

その背中を押してあげたい!

勇気を出してどんどんどん踏み込んでいってほしい!


あなたはとっても魅力的な女性だよ!
愛し愛されるパートナーは必ずいるからね!

毎日でもそんな言葉をかけてあげたい、応援したい、と心から思いました。

なぜか。

私自身が4年前まで同じように独身で、この年齢で再婚できるのだろうか?

バツイチで今までいろいろあった私を受け入れてくれる人がこの世にいるのだろうか?

不安な気持ちをたくさん持ちながらも再婚したいと思っていました。

諦めるのは簡単。

諦める方が全然楽。

けれど私は結婚生活の破綻を経験しているからこそ、あの頃とは違う、自分の事があの頃よりはずっとわかるようになってきた今の私で、結婚生活をもう1度してみたい!という気持ちも内側に強く持っていました。

じゃあどうするか?

やりたくないとか恥ずかしいとか言ってる場合じゃない。

40代後半できちんとした方と出会いたいなら婚活しかない!!と思いました。

たまたま当時私が書いていたアメブロで私の心に刺さる文章を書いていた方が仲人さんをしていらして、その方に連絡を取り会いに行きました。

「再婚できますよ。」

「そういう自信のない方の方が結婚がすぐに決まるんです。」

仲人さんはコロコロと可愛らしく朗らかに笑い、その時点で私の不安が8割吹き飛びました。

可愛いいワンピースを着て、ここのスタジオで写真撮ってね、ここがいいから、と彼女に言われるがままに動いているうち、なんだか楽しくなってきていました。

こんな素敵な仲人さんとお話ししているのがなんだか楽しい!

こんな可愛いいワンピース着るのテンション上がる!

こんな素敵なパンプス履くとウキウキする!

綺麗にメイクをしてもらい、素敵な写真撮ってもらって見せてもらえた頃には、結婚できるかという結果より、プロセスが楽しくてウキウキしていました。

なんか楽しい!!

そう思って写真を公開してもらった途端申し込んでくれたのが今の夫でした。

超スピード結婚でしたが、出会うべくして出会ったとお互いに思っており、結婚がこんなにいいものだと知らなかったと、お互い苦い結婚生活を体験したからこそ言っています。

何が言いたいかと言うと、結婚したいけどできない、と思っている時間とエネルギーがあったら動いた方が断然早い!と言うことです。

恥ずかしい、カッコ悪い、自信がない、お金がもったない、とか。

やらない言い訳はいくらでもできるのですが、目的を達成したいなら、恥ずかしいことや怖いことをやったもん勝ちということです。

これはビジネスでもなんでもすべてにおいて言えることだと感じています。

カッコ悪いこと
恥ずかしいこと
怖いこと
自信がないこと
お金を使うこと

そこを超えたときに手に入ることが世の中にはたくさんあるのではないかと。

結婚したいと内側で密かに願う独身の方の婚活を大いに応援したい、と以前から思っているため、こちらではセラピー的な視点とともに、婚活に必要な知識やマインドなども書いていきたいと思っています。

婚活をしていくことは、

私はどういう未来をつくりたいのか?
私はどういうライフスタイルを手に入れたいのか?
私はどういう自己実現をしたいのか?
何のためにパートナーをつくり、何を味わいたいのか?

婚活は自分と向き合うことであり、自分を知る事であり、自己探求そのものだ、
と思ったので、セラピーと被ることがある、と感じています。

お読みいただきありがとうございます。