チカラは自分からうまれてくるもの。

今日私はエネルギー状態を観てもらいました。

その方は起業家であったり、〇〇屋さんという枠を超えて活躍されている方ですが、自分の今の、参加していた方の今の、エネルギー状態を観て言語化し、胸がすくほどばっさばっさと(笑)確信を突いていきました。

そのなかでその方が手を変え品を変え繰り返していた言葉が、チカラは自分からうまれてくるもの、というワードでした。

私が昨年夏から体調不調になりやすく、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら、さらに年末から腰痛に悩まされて動きにくい、動きたくなくなる動き(笑)が明確に分かりました。

簡単に言うと自分の内側のパワーが足りない。

本来の自分を腹の下に呑み込んで押さえつけ、外側のものを取り入れようとしている。

外側とは誰かの考えだったり、あらゆる学んできた知識、常識と言われているものだったり。

要は自分以外のものの方が大切と尊重し、自分を蔑ろにしている状態です。

これは私だけでなく、参加していた他の方たちにも共通していて(なかには全く逆のタイプの方もいます)現代はそのような方が多いのかもしれない、と思い書いています。

長い間私がやってきた、受け身ではっきり自分の意思表示をしない、自分という自我を立たせていく生き方をしなければ、かつてのようにのらりくらりとやり過ごせたかもしれません。

が、もう自我を立たせて生きたい!
人から嫌われても自分らしく生きたい!

という私の顕在意識と、今までのやり方を踏襲している潜在意識があり、内側で拮抗しているから私の身体が統一してくれないと動けないよ!と物申していたわけです。

ここまで解説されたわけではなく、内側からのパワーを出していかないといけない、こっちが先、みたいな二言三言の言葉でしたが、今まで自分を観てきていたので、一気に自分のなかで腹落ちしました。

参加していた他の方にも言えることだったということは、現代は外側だけでなく、人の内側も含めあらゆることが過渡期なのではないか、と感じました。

情報がかつてとは比較にならないほど洪水のように溢れている現代、また地の時代から風の時代に大きく変化している現代。

いろんな意味で今までは良しと言われたり、正しく観えていたことが、時代が変化しているからと自分を一気に変えていくこともなかなかできず、もがいている方も多いのではないかと感じます。

自分のチカラを出していくこと

この大切さにどこかでは気づいていたから、今までと同じやり方で資格を取る学びをしようとしても、説明会で講師のスキル、ノウハウの話しを聞いていたとき、なんか20.30年前にタイムスリップしたようだな、今私が欲しいのはこれじゃない、と即座に感じたのでした。

今の私はこれじゃない!


私意外の誰かが考えて構築したものではなく、これとは真逆の、私が考えて構築したものを外側に出していく、そのための揺るぎないチカラが欲しい!

と切に感じたのでした。

が、自分より他人を良し、と長い間無意識にやってきた私の、内側に苦しくなるほど詰め込んできた知識やノウハウを外に吐き出し、自分の頭で考え導き出したものを、気持ちよく出していける状態にするため、今は私自身を整えることに集中する時期だ、と感じています。

そして今私が楽観的になっているのは、私の内側にあるものは、今まで私でないものを随分出してきた甲斐があって、そう根深くはない、と感じています。

なぜなら波動の高いもの、人たちとの触れ合い、そのような環境に自分の身を置くと、あっという間に心も身体もよくなるからです。

自分の波動の低さがビクとも動かない、ではなく、そのときそのときで揺れ動く。

まだやり残しがある、というより、やっとここまでこれたあと一息だぞ!という喜びのような気持ちのほうが大きいのです。

人は急には変われませんが、コツコツやってきたことは必ず自らのチカラになり、2.3年前を振り返れば驚くほど現実が、かつてなりたかった私、に近づいていることに気づきます。

比べるのはどこかの誰かではなく、少し前の自分、だいぶ前の自分との比較です。

自分の成長にフォーカスし、誰もが自分のチカラを、内側から湧き出るパワーを出して、人生を豊かしていきましょう!

そして以前書いたこちらの記事。

https://note.com/mytherapy/n/n7ff5ad79a4c9

購入していただいています。
ありがとうございます。

摂食障害に効くだけでなく、自分自身を生きていくために何をすればいいか?

私が実際にやってみてよかった事を具体的に書きました。

参考にして実践していただき、自分自身とうまく付き合う道しるべとなるならばとても嬉しいです。

お読みいただきありがとうございます。