他人に悩みを話すことはほとんど意味を持たないと思ってましたが、そうではないということを体感できました。〜I様ご感想〜

週末に男性のお話しを伺いました。

ミッドライフクライシスと捉えることもできますが、視点を常に外に向けて仕事に邁進してきた男性が、一度人生の棚卸しをする。

視点を内側に向け、ここから人生を見直し、舵を切り直し、今の仕事の延長でこの先の自分にYESと言えるだろうかと問いかける、今が格好の時機になるのだろう、と感じました。

ご本人は、悶々として良い気分ではないかもしれませんが、そういうときこそ、内側の自分の声を聴き取る、大切な契機だと思います。

私たちは車に乗って目的地に走り出すとき、地図を見たり、カーナビに目的地をいれて発車します。

もしくは通い慣れた道ならば、なんとなく運転していても着いてしまうかもしれません。

が、何か違和感を途中で感じたら、その違和感をちゃんと認識し、一旦止まって地図をみたりナビを入れ直す、あれ?この道でいいんだっけ?と確認するその行為は、目的地に着くための重要な行為です。

人生の道を走っていくのも同じで、ミッドライフクライシスとまで言わずとも、ある程度の年齢に来たならば、もう一度目的地を、行く道を確認し直すのは、本来必須の行為に感じます。

男性は、そんなとき1人で考え込み、人に聴いてもらうという行為自体を考えない、という方が女性よりも多いようにも感じます。

そんな真面目で誠実に仕事に向き合ってきた、男性ビジネスマンの方から、今回は感想を伺ってみました。

似たようなどなたかの、参考になれば嬉しく思います。

ありがとうございました。


【I様ご感想】

昨日は、新たな発見がありました。

これまで、自信が持てない自分が情けなくなったり、時々ネガティブになると先々不安になってたけど、それが全然普通で自然なことということを知って少し安心しました。

何より大きな発見は、これまで、他人に悩みを話すことはほとんど意味を持たないと思ってましたが、そうではないということを体感できました。

なぜ意味を持たないと思っていたかというと、相手の悩みを100%共感・共有することは出来ないと思うからです。

話す方と聞く方の価値観や思考回路は異りますから。

僕も、他人の悩みを聞くことはあり、一生懸命助言しますが、100%納得は得られていないだろうと思ってました。

自分の体験や知識の範囲でしか助言できないし、その体験や知識は乏しいと自分で分かっているので、いつも「役に立てただろうか」と不安でした。

今回は、ちょっとしんどいことがあったので
どうしても話したいと思いました。

結果的に、とても貴重な時間を過ごせて、いろいろ発見があり、発想の転換に繋がりそうな気がしています。

あまり深く考えず、他人に話しを聞いてもらうことって重要ですね。

話しやすいので、ついつい長くなってしまいました。ありがとうございました。

尊い両親の愛、また家族愛を他の家族から学ぶ。

昨日は夫婦で親戚の夫婦とその子どもたちに会ってきました。

彼らと会って帰宅してから夫婦で言うのが、

よくやってるね、

良いもの見させてもらったね、

なんだか温かいものをもらってくるね、

です。

わざわざ私たちが時間をかけて会いにいくのは、何か大切なものを受け取ってくる、癒しをもらってきているのかもしれません。

 

純粋な彼らの家族愛をそばで感じていると、忘れがちな本質的なものの大切さを思い起こさせてくれます。

 

私たちが彼らの親世代であり、若い夫婦の子どもたちは孫世代です。

 

側からみれば、私たちが与えているように見える側面もあるかもしれませんが、私たちの方がたくさん家族から目に見えないギフトを与えてもらっています。

 

若い夫婦のどちらかの親が、経済的にも精神的にもそばについて援助していれば私たちは、こんなにも受け取らないだろう、と感じます。

 

母親を早くに亡くしている彼女が、子どもの急な体調不良などで職場に行けなくなる、などと困ったときに頼るのは祖母くらいでしょう。

 

彼の実家も遠く離れています。

 

何というか、本当に経済的にも精神的にも自立し、自分たちだけで日々を切り抜けているという姿に、言葉では言い難い強さと美しさを感じるのです。

 

彼らにしてみれば置かれた環境で、日々一生懸命誠実にやっているだけかもしれません。

 

が、私たち夫婦はそれぞれ別の環境の中でも共依存に悪戦苦闘し、結婚生活も破綻させてきた結果、再婚して今があります。

 

だからこそ、若い彼らの、真っ直ぐな愛をただ循環させることだけに日々奮闘する姿に、何か胸が熱くなるものを感じるのかもしれません。

 

しっかりと地に足をつけて逞しく生きている彼らの姿を見ると、何か尊いものを感じるのです。

 

成功する、
お金を稼ぐ、
自己実現する、
〇〇をしたい、
〇〇になりたい、

 

それはそれで素晴らしいことです。

 

が、私夫婦はどちからと言えばそのような大人の、個としての側面に触れている機会が多いせいか、彼らがただ全力で子どもたちを愛し、子どもたちもその愛にこたえてスクスクと育つ姿は、何か魂の本質に触れる感覚があります。

 

親という役割が薄くなるときがいつかくるでしょう。

 

子どもという役割が薄くなるときもそのうちくるでしょう。

 

そのときに、今のかけがえのない日々は必ずチカラになって、自己実現や夢をもてる、生命力を発動させていく揺るぎないチカラになるのではないか、と感じます。

 

私たち夫婦もいくつなっても、どんな人からも学ばせてもらえる柔らかい心と柔軟なチカラで、成長していきたいと思います。

 

お読みいただきありがとうございます。

目標や目的は時間とともに変化していく〜執着を手放し流れにのっていく〜

あるコミュニティのランチ会に参加しました。

波動が高く清らかな仲間と、その仲間の1人が企画し設定してくれた場なので、とても温かく楽しい時間を過ごし、気づきも多くありました。

いろいろとシェアしているお友達がハッとする言葉を私に言いました。

しがみついているよ!

しがみついている!

本当は幸せなのに。

何度も言いました(笑)

愛が大きくユニークで、一緒に居るとお腹が痛くなるくらい笑える女性ですが、いつも本質を突く言葉を言います。

思い当たりました。

現実的には本当は幸せ。

とりたてて大きな問題はない。

が私は今体調不良で動きづらい。
停滞している。
このままの私ではいけない。

私は自分へのジャッジを無意識にブツクサと言っていました。

私にしてみれば体調不良は大きな問題と捉え悩みになっています。

が、はたらからみれば、

何でわざわざ体調不良をつくりだして、私は不幸ってやってんの?

ここまではっきりとは言語化していませんが(笑)そういうことなんだと気づきました。

かつて私は、

過去の(家族)問題を解決すること、
病気を治して今より質の良い生活をすること、

が人生の生きる目的、目標になっていました。

それを何とかしたいと、あらゆる健康法やカウンセリング、セラピー、エネルギーワークやリトリートなどいろんなところへ学びに問題解決をしに行っていたわけです。

問題をなんとかしないといけない!
私自身を変えて問題解決していかないといけない!

と夢中になっていたからこそ、別の視点からみればそれはそのことに対してよく動いていた、ともいえます。

が、ここのところ動けない。

私のフェーズが変わっているのに、かつての目的、目標のままだと、何か問題を作り出さないと私の無意識でやっている生きる目的と合わなくなります。

家族の問題は私が解決することではないし、そもそも私の問題ではない。


病気は過去の事。
弱い私、病んだ私というアイデンティティはもう要らない。

私はこのことを明確に腹に落とし、次の扉の人生設定、人生目標を新たに設定し直していませんでした。

今のフェーズの人生の目的を明瞭にしていない。

バージョンアップしていない
はっきり決めていない
不明瞭なまま

このことに家に帰ってしばらくしてから気づきました。

無意識ってすごいな。


過去の私のやり方は今の私にはもう合わない。

それでも無意識にそれまでのやり方で行こうとしていた。

だから動けない。
停滞する。

まさに過去にしがみついていました。

もっというと原家族から離れたくない。
兄弟に嫌われたくない。
昔の友達と合わなくなる。

幸せに飛躍していったら、離れる人間関係が出てくる。もっと変化していく。それが怖い。哀しい。寂しい。

そんな思いがどこかにあったかもしれない、と感じています。

目的や目標は自分のフェーズ、時間の経過とともに変えていくのが自然の流れ。

変えていけばこそ人生の良い流れにのって、また次のフェーズにいくのだと感じます。

風の時代。
スピードの早い時代。
変化の大きい時代。

今の私のこの気づきが、どなたかの気づきに繋がればなお嬉しいです。

たくさんの方が変化を恐れず、お互いを讃えあい、慈しみあい、励ましあう仲間とともにより良い一歩を踏み出して行けますように。

お読みいただきありがとうございます。

これから婚活についても書いていきます。

先日40代独身の可愛いい女性とお話しをしました。

結婚願望はありますが、たまたま今までご縁なく過ごしています。

溌剌とした可愛らしい素敵な女性です。

結婚したいけどできていない。

結婚できるかの不安。
人に結婚の話しをして傷ついてきた体験。

とても共感して聞いていました。


踏み出せば必ず何かが変わってくる

その背中を押してあげたい!

勇気を出してどんどんどん踏み込んでいってほしい!


あなたはとっても魅力的な女性だよ!
愛し愛されるパートナーは必ずいるからね!

毎日でもそんな言葉をかけてあげたい、応援したい、と心から思いました。

なぜか。

私自身が4年前まで同じように独身で、この年齢で再婚できるのだろうか?

バツイチで今までいろいろあった私を受け入れてくれる人がこの世にいるのだろうか?

不安な気持ちをたくさん持ちながらも再婚したいと思っていました。

諦めるのは簡単。

諦める方が全然楽。

けれど私は結婚生活の破綻を経験しているからこそ、あの頃とは違う、自分の事があの頃よりはずっとわかるようになってきた今の私で、結婚生活をもう1度してみたい!という気持ちも内側に強く持っていました。

じゃあどうするか?

やりたくないとか恥ずかしいとか言ってる場合じゃない。

40代後半できちんとした方と出会いたいなら婚活しかない!!と思いました。

たまたま当時私が書いていたアメブロで私の心に刺さる文章を書いていた方が仲人さんをしていらして、その方に連絡を取り会いに行きました。

「再婚できますよ。」

「そういう自信のない方の方が結婚がすぐに決まるんです。」

仲人さんはコロコロと可愛らしく朗らかに笑い、その時点で私の不安が8割吹き飛びました。

可愛いいワンピースを着て、ここのスタジオで写真撮ってね、ここがいいから、と彼女に言われるがままに動いているうち、なんだか楽しくなってきていました。

こんな素敵な仲人さんとお話ししているのがなんだか楽しい!

こんな可愛いいワンピース着るのテンション上がる!

こんな素敵なパンプス履くとウキウキする!

綺麗にメイクをしてもらい、素敵な写真撮ってもらって見せてもらえた頃には、結婚できるかという結果より、プロセスが楽しくてウキウキしていました。

なんか楽しい!!

そう思って写真を公開してもらった途端申し込んでくれたのが今の夫でした。

超スピード結婚でしたが、出会うべくして出会ったとお互いに思っており、結婚がこんなにいいものだと知らなかったと、お互い苦い結婚生活を体験したからこそ言っています。

何が言いたいかと言うと、結婚したいけどできない、と思っている時間とエネルギーがあったら動いた方が断然早い!と言うことです。

恥ずかしい、カッコ悪い、自信がない、お金がもったない、とか。

やらない言い訳はいくらでもできるのですが、目的を達成したいなら、恥ずかしいことや怖いことをやったもん勝ちということです。

これはビジネスでもなんでもすべてにおいて言えることだと感じています。

カッコ悪いこと
恥ずかしいこと
怖いこと
自信がないこと
お金を使うこと

そこを超えたときに手に入ることが世の中にはたくさんあるのではないかと。

結婚したいと内側で密かに願う独身の方の婚活を大いに応援したい、と以前から思っているため、こちらではセラピー的な視点とともに、婚活に必要な知識やマインドなども書いていきたいと思っています。

婚活をしていくことは、

私はどういう未来をつくりたいのか?
私はどういうライフスタイルを手に入れたいのか?
私はどういう自己実現をしたいのか?
何のためにパートナーをつくり、何を味わいたいのか?

婚活は自分と向き合うことであり、自分を知る事であり、自己探求そのものだ、
と思ったので、セラピーと被ることがある、と感じています。

お読みいただきありがとうございます。

今の自分に本当必要なものは何なのか?〜外側の情報ではなく内側の直感に従い動く〜

先日、こちらの記事を書きました。

]https://note.com/mytherapy/n/n4403d0ae2417

今の私は自分を整えることが何よりの優先事項だと自分のなかで明確になってから、今まで入っていた予定以外は今自分が欲していること、に従うようにしてみました。

久しぶりに何も予定を入れていなかった昨日の午後、自宅近くの海を見に歩いて行きました。

すこぶる癒されました。

解放、浄化、フラットになる、本来の自分に戻っていくような感覚がありました。

私は最近興奮気味に何かに追い立てられるように動いていたかもしれない、と気づきました。

新しいこと、新しいもの、新しい場所、新しい出会い。

それらは本当に素晴らしいものであり、私が観てきた視野をグッと広げ世界観を変えてくれます。

が、そちらばかりだと何かゼロに戻る、私自身に戻る感覚が薄れていました。

もっというと私という個がまだ脆弱でありがゆえに、影響を受けやすいのかもしれません。

最近意識的に必要以上に情報に触れないという生活をしてみたら、何も考えずにテレビのニュースに、ネットニュースに、SNSにYouTubeに晒れていると、脆弱でなくても自分の内側の感覚を大切に保持していることが、以前より難しい時代なのではないかと感じました。

自分が今本当に欲していることは何か?

自分が今本当にしたいことは何か?

自分が本当に成し遂げたいことは何か?

内側の本当の欲求に耳を傾け、自分に向き合いながら動いていくよりも、外側からの情報で反射的に動いているような状態になっている方も結構いるのではないか、と感じました。

また自分がそのような状態でいることに気づかず、みんながいいと言っているから、〇〇さんが言ってたから、など外側の情報を取り入れすぎている方も多いのではないか、と感じました。

まさに私自身が自分を変えたい!と外側からたくさん情報を取り入れていろいろやってきましたが、行き着いたところは


私のなかにあるチカラを取り戻すことでした。

私の場合は、その自分のチカラの取り戻し方が分からなくていろいろやってきた、とも言えます。

自分のチカラを取り戻せばこそ、本来の自分のチカラを使って自己表現していきたいというステージになりますが、それも自分のチカラを信じていないと、外側のノウハウやスキルを取り込もうとし、一層自分のチカラを埋もれさせてしまうと感じています。

これは境界線に関わることであるとも思いますが、これだけ情報に晒れている時代に生きている今、

自分のチカラを取り戻し、内側からのエネルギーでクリエイティブに生きていく

というのはかつての時代より、かなりなエネルギーを必要とする気がしています。

自分の直感に従うには情報が溢れ過ぎている、と感じるのです。

偉大な起業家が同じものばかり着たり、自然溢れるところで暮らしているのは、いらない決断量、情報量を減らして、無駄にエネルギーを消費しないようにしている、とも言えます。

この時代の豊かさを享受しつつ、自分のエネルギーの枯渇、自分の直感を鈍らせることをうまく避けながら生活すると、本来の自分のチカラを存分にいかせるのだろう、と感じます。

昨日は海をみて、夜は満月の下で瞑想をしながらそうそうに眠り、気持ちよく迎えた朝にそんなことを感じました。

お読みいただきありがとうございます。

チカラは自分からうまれてくるもの。

今日私はエネルギー状態を観てもらいました。

その方は起業家であったり、〇〇屋さんという枠を超えて活躍されている方ですが、自分の今の、参加していた方の今の、エネルギー状態を観て言語化し、胸がすくほどばっさばっさと(笑)確信を突いていきました。

そのなかでその方が手を変え品を変え繰り返していた言葉が、チカラは自分からうまれてくるもの、というワードでした。

私が昨年夏から体調不調になりやすく、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら、さらに年末から腰痛に悩まされて動きにくい、動きたくなくなる動き(笑)が明確に分かりました。

簡単に言うと自分の内側のパワーが足りない。

本来の自分を腹の下に呑み込んで押さえつけ、外側のものを取り入れようとしている。

外側とは誰かの考えだったり、あらゆる学んできた知識、常識と言われているものだったり。

要は自分以外のものの方が大切と尊重し、自分を蔑ろにしている状態です。

これは私だけでなく、参加していた他の方たちにも共通していて(なかには全く逆のタイプの方もいます)現代はそのような方が多いのかもしれない、と思い書いています。

長い間私がやってきた、受け身ではっきり自分の意思表示をしない、自分という自我を立たせていく生き方をしなければ、かつてのようにのらりくらりとやり過ごせたかもしれません。

が、もう自我を立たせて生きたい!
人から嫌われても自分らしく生きたい!

という私の顕在意識と、今までのやり方を踏襲している潜在意識があり、内側で拮抗しているから私の身体が統一してくれないと動けないよ!と物申していたわけです。

ここまで解説されたわけではなく、内側からのパワーを出していかないといけない、こっちが先、みたいな二言三言の言葉でしたが、今まで自分を観てきていたので、一気に自分のなかで腹落ちしました。

参加していた他の方にも言えることだったということは、現代は外側だけでなく、人の内側も含めあらゆることが過渡期なのではないか、と感じました。

情報がかつてとは比較にならないほど洪水のように溢れている現代、また地の時代から風の時代に大きく変化している現代。

いろんな意味で今までは良しと言われたり、正しく観えていたことが、時代が変化しているからと自分を一気に変えていくこともなかなかできず、もがいている方も多いのではないかと感じます。

自分のチカラを出していくこと

この大切さにどこかでは気づいていたから、今までと同じやり方で資格を取る学びをしようとしても、説明会で講師のスキル、ノウハウの話しを聞いていたとき、なんか20.30年前にタイムスリップしたようだな、今私が欲しいのはこれじゃない、と即座に感じたのでした。

今の私はこれじゃない!


私意外の誰かが考えて構築したものではなく、これとは真逆の、私が考えて構築したものを外側に出していく、そのための揺るぎないチカラが欲しい!

と切に感じたのでした。

が、自分より他人を良し、と長い間無意識にやってきた私の、内側に苦しくなるほど詰め込んできた知識やノウハウを外に吐き出し、自分の頭で考え導き出したものを、気持ちよく出していける状態にするため、今は私自身を整えることに集中する時期だ、と感じています。

そして今私が楽観的になっているのは、私の内側にあるものは、今まで私でないものを随分出してきた甲斐があって、そう根深くはない、と感じています。

なぜなら波動の高いもの、人たちとの触れ合い、そのような環境に自分の身を置くと、あっという間に心も身体もよくなるからです。

自分の波動の低さがビクとも動かない、ではなく、そのときそのときで揺れ動く。

まだやり残しがある、というより、やっとここまでこれたあと一息だぞ!という喜びのような気持ちのほうが大きいのです。

人は急には変われませんが、コツコツやってきたことは必ず自らのチカラになり、2.3年前を振り返れば驚くほど現実が、かつてなりたかった私、に近づいていることに気づきます。

比べるのはどこかの誰かではなく、少し前の自分、だいぶ前の自分との比較です。

自分の成長にフォーカスし、誰もが自分のチカラを、内側から湧き出るパワーを出して、人生を豊かしていきましょう!

そして以前書いたこちらの記事。

https://note.com/mytherapy/n/n7ff5ad79a4c9

購入していただいています。
ありがとうございます。

摂食障害に効くだけでなく、自分自身を生きていくために何をすればいいか?

私が実際にやってみてよかった事を具体的に書きました。

参考にして実践していただき、自分自身とうまく付き合う道しるべとなるならばとても嬉しいです。

お読みいただきありがとうございます。