過去の痛みは何をすれば癒され、ギフトにつながるのか?

ブログを読んでくださる方から、私も同じ思いを持ってきた、とか、勇気が出た、とか、じゃあ、自分は何をしていけばいいのか、と感想をもらうことがあります。

確かに、もっともです。

じゃあ、何をしていけば、過去の痛みを、痛みのままにせず、むしろギフトにしていけるのか?

私は、これが分からず、30年くらい、あれやこれや手を出し、似たような心理系、自己啓発、成功、引き寄せ本などを読み漁り、似たようなセミナー、セッション、リトリート、ボディワークを受けてきたように思います。

そして、一昨年、カウンセラーの資格を取りましたが、それさえも、いや取ったからこそ、理論や資格だけではダメだ。もっと、心底、自分の傷が癒やされていく、の体感覚、実感が欲しい、と強く感じました。

そして、かつての私のように、トラウマが強い人たちは、一般的な自己啓発、コーチングはまだ効かない、それは傷が癒やされたあとに行って、やっと効果が出るものだ、とも感じました。

実際、かつての私に、それらは、効果的であるより、焦りや不安を増大させていました。

そして、私には、どれも悪くはないのだけれど、何か、表面的な、こ綺麗なところしか触っていない、本当に見るべき、自分の闇、見たくないほどの醜い感情にしっかり触れていない、体も本当に健やかにはなってない、というもどかしさがありました。

そこが、インナーチャイルド、ファミリーコンステレーション、メディテーション、あらゆるワークをするセラピーに出会い、継続するほどに、やっと手が届いている!という手応えを感じています。

だから、さらに継続していけば、必ずや当たり前にあったトラウマ反応も、身体からなくなっていくだろう、と信頼できます。

一生かけてやっていくことだ、と感じています。

私は、今もまだ、トラウマ反応が身体から完全に消えているわけではありません。

が、段階を経て、薬を飲まないと動かせなかった身体、胃腸障害、重度の便秘、睡眠障害など、常に緊張していた心と体が、かなり良くなってきました。

40代に入ってから、薬なしで生活できるようになったことが、長期の服薬生活をしてきた私には、奇跡のように素晴らしいステップでした。

さらに、今は、もっと成長したい、挑戦したい、たくさんの方との出会い、まだ見ぬ世界、それらを楽しみながら、自分らしく社会貢献したい、と思っています。

こうした、生きることに意欲的になることが、かつての私にはできませんでした。

同じ場所に居続け、これ以上のことはできない、小さく縮こまっていることしか私にはできない、と思っていました。

が、だからと言って、これひとつでよくなりました!と断定できるものはなく、複合的にいろんな学び、実践、人との出会いがあって、傷が癒やされ、少しずつ成長してきました。

私は、セラピーに出会い、回復の速度が上がり、仲間がいる恩恵、生きる喜び、現実の変化をはっきりと感じられるようになったのは、事実です。

が、セラピーの素晴らしさが理解できたのも、あらゆることをしてきた道のりがあればこそだ、とも感じています。

はじめから、このような学びをしても、私の中に学んできた土台がないと、難し過ぎる、ハードルが高い、など、今ほど、スッと自分の中に取り入れ、咀嚼できなかったのではないか、とも感じています。

自分が学んできた中で、いろいろな方と出会い、つくづく思うのは、やはり、よく学んでいる方は、多面的に物事を見れるので、理解も、洞察力も、自分のものにする力も強いし、深い、と感じています。

その方が学んできた道のり、時間、お金、費やしてきたエネルギーは裏切らない、といろいろな方から感じています。

自分を成長させていくこと、に真剣にコミットしている方は、どんな分野であれ、話しをするなかで、共通の感覚や言語を共有できる、と気づきます。

ですから、とにかく今は話しをひたすら聞いてもらいたい。

とにかく今は、身体を動かして、いらない感情を身体から出してしまいたい。

などなど、そのときの自分のフェーズで、セラピーやカウンセリング、ボディワークなど、あらゆるツールを、自由に選択すれば良いと思います。

今、生きづらさを感じている方は、これがいいですよ、と世の中で一般的に言われていることを重視するより、自分の身体と心の欲求に、繊細に、頻繁に耳を傾け続け、その欲求を満たしてあげることが何より大事だ、と思います。

その自分の感覚が分からないから困っているのではないか!という方は、ぜひ、体感覚を感じ取る、フェルトセンスの開拓からはじめましょう。

私のセッションでも、それら自分の心と身体の声を、感じられるようにすることを促したい、と考えています。

生きづらい、何か発展していかない、行き詰まっている、問題が多い、などの方のヒントになることを願って書きました。

誰もが、自分を幸せに、喜ばせる人生を歩めますように。

自分をよりよくしていくことを、優先させられますように。

女性は自分の内に、男性は自分の外に、傷ついてきたエネルギーを向ける傾向がある。

夫の仕事に付随し、バンコク、プーケットと周っていてつくづく感じるのは、夫はこうして、トラウマを戦闘モードで社会に出ていき闘い抜く、という行動で、解消してきたのだなあ、ということでした。

同じように、幼少期から傷ついてきても、女性の私は、自分責め、という言葉が端的に示すように、自分を責める行動を取るので、内側に向かっていきます。

心も身体も自分虐めになりやすいです。

心理学では、これを内攻化といいます。

夫の場合は、外攻化、外に向かって行動化していきます。

どちらもトラウマから無意識にやってしまう反応ですが、どちらもその傷を癒すことで、和らいでいきます。

昨今の研究結果から、男女差で、トラウマの反応の仕方が違う傾向にあることも、解明されてきているそうです。

ただ、私が感じるのは、内攻化は、明らかに自分が辛い、と感じることばかりなので、本人もなんとかしなきゃ、と思いますが、外攻化のひとつとして、仕事を頑張るのは、パフォーマンスがよい、と評価される側面があるのは事実なので、分かりにくいです。

ですから、本人も、周囲も、それが傷からきている、とは、なかなか気づけないし、それを何とかしよう、というのは、動機付けとして、難しいだろうな、と感じます。

私の内攻化は、かつてに比べて、ずいぶん柔らかく静かになりましたし、夫の外攻化も以前よりは、落ち着いたものになってきたのだろう、と感じます。

それでも、仕事のときの夫のピリピリした戦闘モードな感じ、些細なことでキレたりするとき、あー、周囲も本人も、昔は本当に大変だったろうなあ、と何とも言えない気持ちになります

なぜなら、その姿は、私の父とまるで同じ、に見えるからです。

夫は状況が落ち着けば、謝ったりする余裕がありますが、若い頃の父には、それらの余裕、他者の言い分を聞くスペースはありませんでした。

その父が若い頃、些細なことでキレるのは、小さな私には恐怖でしかなく、ビクビクしているのが私のデフォルトになっていました。

そこに母の守りがなかったため、常に、この世界は危険である、という神経モードになり、過敏で疲れやすく、緊張している子どもの私は、そのまま大人になりました。

が、今は、私が私の親になり、大丈夫だよー、あなたは何も悪くないよー、キレるのは、相手の課題だからね、と、ケアをしてあげられます。

自分と他者の課題をしっかり分別できるように、セラピーを学んできた、と言えます。

が、かつての小さな私は、何か自分が悪いのではないか?間違っているのではないか?と思い、それは、そのまま、私の自信のなさ、存在の危うさ、に直結していきました。

ですから、もし、バリバリ仕事をやっている方だったら、この仕事の仕方は自分の傷からきていないか?ヒリヒリするような戦闘モードでやることが、仕事だ、と思っていないか?点検してみていただきたいのです。

そして、もし、自分は仕事かできない、能力がない、などの思いが強かったとしたら、それも傷からきていないか?思い込みでないか?本当に自分の姿なのか?と、点検してみていただきたいのです。

社会で体現される私たちの働き方、対人関係の在り方は、傷からの反応、である場合が多いです。

自分が今、どんな在り方、働き方であれ、傷を癒し、自分は今、何を体現しているのか?に気づいていくと、同じことをしていても、世界の捉え方、見え方が変わってきます。

そのことをお伝えしたく、こうしてブログを書き、セッションを提供したい、と思っています。

誰もが、自分らしく、輝ける社会であり、世界でありますように。

葛藤や混乱が減ったら、自分の人生が、運命が動きはじめた。

一昨日から、バンコクに夫ときています。

今日、夫と、夫の運転で郊外に買い物に行きました。

夫が運転する隣の助手席から、バンコクの街並みをみていて、3.4年前の私だったら、こんなに与えられるものを簡単に受け取れなかったなあ、ずいぶん私の世界が広がったもんだなあ、とふと感慨深く思いました。

かつての私は、幼少期から傷ついてきたゆえ、自分なかの罪悪感や恥の気持ちが強く、他者の好意を簡単に受け取れないし、与えられない、というような固まった状態でした。

他者に何かしてもらうことを申し訳ない、と極端に負担に感じたり、自分が他者に何かすることも、迷ったり躊躇したり。なかなか決められない、動けない。

一言でいうと、すべてが重く、停滞している、という感じでした。

が、今日、お店に入るないなや、素敵な柄のワンピースが目を引いて、夫が買おうか?試着してみれば?というので、わあ、素敵、と着てみて、とても気に入ったので、即断で購入しました。

夫と、再婚したばかりの頃、夫が何か買ってくれる、というと、罪悪感から、えー、いらないよ、多分そんなに使わないし、とか、必ず最初否定から入り、モタモタ、モタモタ迷っていました。

そのくせ、ほしくないの?なら買わないけど、と夫が言うと、あれ?本当は欲しいんじゃないの?でもお金使わせたら悪いと思っているんじゃないの?、本当は欲しいよね、私?と、自分のの気持ちを確かめるのに、とても時間がかかっていました。

が、今は、どこで、食べるか、何をするか、誰と会うか、などなど、いろんな場面で、決断が早く、動きが軽くなったなあ、と自分比で感じています。

それは、他者に何かしてもらうことも、私が他者に何かできることをしたい、という動きも、すべてに言えます。

セラピーを学び、受けてきて、ひどい葛藤と混乱状態が整理され、傷が癒されていくに従って、スピードが早くなってきた、と感じます。

私の課題は、兎にも角にも、私の内側にある葛藤と、混乱が大きく占めていました。

もし、かつての私のように、一歩が踏み出せない、同じところにずっと凝り固まっている感じ、身動きがとれていない、自分の人生が動き出している感じがしない、などの停滞感を感じていたら、ぜひ、深く自己探求をされていくことをおすすめします。

セッションは、自分1人では手の届かなかったところへ、セラピストを通して掘り下げていけます。

自分の変化を楽しみながら自己探求をし、人生が、運命が動き出した、という体感をしていける人が、1人でも増えていくことを願っています。

1人ではなく、同じ志を持つ仲間とやっていけると尚、良いですね。

出会えることを、楽しみにしています。